Super Star Super Hero

今日も俺はいい子にしてお留守番をしていたので、帰ってきた先輩に3枚のビスケットを貰った。一枚は天に、一枚は時に、一枚は羽に。

 

俺の乳首が解禁されている単行本。

 

フィクションの女の子が自転車を2人乗りする時にやる、跨ぐんじゃなくて腰掛けるタイプの座り方を友達のバイクでやってみたら、普通に落ちて道路を転がってしまいました、冬だったので厚着をしていて良かったです。

 

星って遠いな、クレーム入れようかな。

 

踵のところにローラー入ってるスニーカーがめちゃくちゃ欲しかったけど女の子用しか無かったの本当に悔しかったな、今でもあれでショッピングモールの中を駆け回りたいです。

 

髪の長い子供見ると生まれてから一回も切ったこと無いのかなって思う。

 

学区外だから行っちゃいけない事になってるゲームセンターでスリルドライブやった時よりドキドキした事ないな。

 

放課後の図書室には俺と先輩以外誰もいなかった、先輩は未就学児が読むような全ページがひらがなで書かれた折り紙の教則本を読んでいた。外からは野球部が走り込みをしている声が聞こえていた。テーブルが傾いて橙色になった日に照らされていた。蔵書されている美味しんぼは順番がぐちゃぐちゃになっていた。弁当を半分ほど残してカバンの奥にしまっていた。スマホの充電が切れていた。風が吹いていた。黒人の少年がトランペットを欲しがっていた。ニホンオオカミは絶滅していた。UNIQLOの店員がレジを打っていた。滝壺に紅葉が浮いていた。幼馴染の女の子がコンビニで化粧品を万引きしていた。誰も見たことのない花が咲いていた。親知らずが生えていた。駅前の本屋が改装工事をしていた。焼けた鉄板の上を裸足で歩いても熱さを感じない人がいた。テントウムシが越冬していた。ご飯が炊けていた。ホテルのアメニティを大量に持って帰ってみたけど実際別に要らなくて捨てていた。髭が伸びていた。自動販売機が釣り銭を切らしていた。右に傾いていた。手紙が届いていた。俺の知らないところで俺の知らない誰かが元気にしていた。

 

墓石ってツヤツヤしてて舐めたら気持ち良さそう。

 

私と妹は寸分違わず同じに見えた。両親でさえも私たちを見分けるのは困難だった。私と妹はこの容姿を利用して友人たちをからかうのが大好きだった。去年の冬、近くの山に2人で遊びにいった、変なきのこを見つけたり、綺麗な木の実を見つけて2人で笑っていた。妹は何故か突然走り出した、その先は崖だったので私は危ないと咎めた、妹は  大丈夫、あの橋を渡るだけだから  と叫びながら落ちていった。橋なんて無かった。私と妹は寸分違わず同じに見えるけど、私と妹が見ているものは同じでは無かったらしい。

 

近所のスーパーの試食コーナーのハマチの刺身全部食べたら出禁になっちゃった。

 

近所にスーパーがあるのですが、そこの試食コーナーでハマチの刺身をあるだけ全て食べたら出禁になってしまいました。

 

試食ハマチ全食べ出禁。

 

大手コンビニチェーンで一番生ハムが美味いのは…セブンイレブン

 

友達と一緒にバックれたバイト先の制服を小高い丘で燃やした時のこと一生忘れないだろうな。

 

ある時から本当にゆっくりと月が落ちてきて、世界が終わる前日には手を伸ばせば触れられるほどだった。ひんやりとしていて、手に少しだけ砂のようなものがついた。それから私は家に帰って、手を洗ってうがいをして、水道の蛇口を強く閉めて、出された夕食を残さず食べた。

 

 

近所にスーパーがあるんだけど、そこの試食コーナーでハマチの刺身全部食べたら出禁になっちゃった。

 

鯉の刺繍のジーパンを、商店街でババアがやってるブティックに買いに行かなければいけません。

 

 

寂しいと怖いの区別がつくようになりました。

 

 

UFOの写真

バイト先にだいたい毎日22時を過ぎた頃に奇声をあげながら入店し、欲しい商品を叫びながらレジに向かって来て、その後は外のゴミ箱を勝手に開けてペットボトルの飲み残しをすするおじさんが居るんだけど、向かいのダイコクドラックで見かけた時はちゃんと静かにしてた。悔しくてねばねばした涙が出た。

 

最終決戦。

 

鳩は陽に当たると首が虹色に輝く、マヨネーズを作る過程では必然的に大量の卵の殻が出るが、それらは砕いて粉にされ、カルシウムとしてお菓子などに含有される。

 

 

友達からICOCA貰ったんだけど、便利過ぎ!

 

 

俺を乗せた電車は定刻通りに駅を滑り出す。街並みが太陽を反射して俺の眼球に焼印をつける。焼印は俺にしか理解出来ない言語となって、カードキャプターさくらのあらすじを教えてくれる。

 

俺は小学生の時、別に普通に家に居るから必要ないけどなんとなく通ってた方が友達増えるんじゃないかという親の思いやりによって放課後は学童保育に預けられていた。そこでおやつの時間に出された雪の宿を食べている俺を見て友人が言った。「砂糖かかってる方ベロに向けて食べないと味しないじゃん、バカだなー」確かに俺は砂糖がかかってる面を上にして食べていたが、それは最初にせんべいの塩味の部分を味わい、咀嚼するうちに徐々に感じられる甘みをより引き立たせるためにあえてそうやっているのだが…にわかか?

 

・キラーイルカ

超音波光線を放ち、人を内側から沸騰させて殺す。

 

・キラーフラワー

毒の花粉を撒き散らし、人の内臓をドロドロに溶かして殺す。

 

・キラーキラー

まぶし〜(笑)

 

 

家の近くの公園に落ちてたVHSを拾って家で再生してみると、見たことのない女の子が映し出されて「昆虫くん!今からそっち行くから待っててね!」と微笑みながら言った、2時間待ったけど来なかったからスシロー行った。

 

スシローで一番好きなネタ発表していいですか?シーサラダです。シーサラダが物心ついた頃から一番好き、普通に4、5皿食べちゃう。

 

・キラーサラダ

サラダは健康に良いので、人を殺さない。

 

 

稲妻よりも素早い動きで近所のババアが育てた花壇を踏み荒らす、真ん中に咲いてるサルビアで花束を作る。それを届けるために俺は走り出す。太陽が沈みかけて視界がオレンジ色に染まる。ポケットからラムネを取り出して口に入れる。信号待ちをしてるときに何気なく空を見ると、UFOが浮かんでいた。俺は慌てて写真を撮る。もう2時間も青にならない信号を俺は律儀に守り続けている。サルビアの花束は枯れて変な色になってしまった。俺が撮ったUFOの写真には、一昨日ドンキで歯磨き粉を万引きして逃げ回っている男が写っていた。俺が撮ったUFOの写真がきっかけでその男は捕まった。俺が撮ったのはUFOなのに。

 

友達からICOCA貰ったんだけど便利過ぎて、なんで今まで使わなかったんだろうって思った。

 

俺が個人的に発射したミサイル。

 

てかさっきピンク色のUFO見た。

 

ピンク色のUFOの写真。

 

 

セクシー・ナンバー・No.1

ネズミのグループ。

 

朝、教室のドアを開くと大笑いが聞こえた。

教室の中心には日頃から教室の中心に鎮座する背が高く髪が長く顔が良く自信のある女が立っていた。その周りには彼女を慕うクラスメイトたちが輪を作っていた。

 

 

セクシーガールズの紹介です 

 

1人目 桃萌 桃萌(もももえ ももも)ちゃん

2人目 ダイナミッククールトーク(dynamic cool talk)

3人目 焼き焼き万歳

4人目 女王デンジャラス

 

高校の同級生(クラスは違う)3人とシフトがかぶるのは珍しいことではなかった、俺を含めた4人は退勤するとみんなで飯を食いに行くのが大体の流れになっていた。今日は何を食べるのか、俺の一言でラーメンを食べに行くことに決まった。俺だけは免許を持っていないので、他の3人が乗っている単車のどれか1つを選んで後ろに乗る。俺を乗せた----は「安全運転するから任しといて♡」とおどけて言った。

 

俺はこの集団の中で一番発言権がある、それはなぜか。俺を除いた3人と比較してそんなに仲良くないから、いつまで経ってもゲスト扱いだから。俺も女とバイクの話しかしない同級生を文化を理解しない低俗な奴らだと思っていた。

 

日付が変わる直前の閑散とした道路を我が物顔で走りまわる、レースの真似事や信号待ちの間の他愛のない会話、無意味に鳴らすクラクション。

 

ラーメン屋は食券制だった、卓上においてある生卵を自由に使って良いのが売りらしかった、味は普通だった。

 

低俗な議論が始まって、最後には俺がインターネットを啜って得た情報で結論が決まる、3人のバカの中でも抜きん出たバカが「---はやっぱ頭ええなぁ」と言った、俺はそいつのラーメンに生卵を1つ割り入れた。

 

だらだらと喋りながらラーメンを食べていると、突然店員が俺たちに近づいてきた。早く食って出ろ、もしくは静かにしろ、または両方、何にせよ注意されるものだと身構えたが、店員は身に覚えのない唐揚げをテーブルに並べた。

 

「間違えて揚げちゃったから、良かったら食べてよ」

 

バカ3人は狂喜して唐揚げに噛り付いた、俺も一つもらった、普通だった。

 

帰りバカのバイクのケツに乗っている時、住宅街が見えた、住宅街とその明かりが見えた。

 

それは生活の明かりだった。

 

さっき唐揚げをくれた店員にも生活があった、その中で何らかが起こって余分に唐揚げを作った、それを俺たちに渡した。

 

あらゆる全てには生活があり、その中で生まれる温もりに俺は涙を流す。

 

そんなに仲良くない俺の発言を重んじてくれること、1人だけ免許がない俺とつるんでいてくれること、俺を後ろに乗せて運転してくれること。

 

人の優しさに俺は涙を流す。

人の愚かさに俺は涙を流す。

マイクポップコーン 醤油バターに俺は涙を流す。

ニトリ珪藻土歯ブラシ立てに俺は涙を流す。

湯気ロボに俺は涙を流す。

天上天下に俺は涙を流す。

ジャングルポッケに俺は涙を流す。

 

しまうまの縞をぐるぐる取って、あの空につけたら縞空(しまそら)って、マジ!?

 

花の香りに俺は涙を流す。

中学生の笑い声に俺は涙を流す。

小学校の頃汚いトイレで蛇口ひねったら錆びた水が出たことに俺は涙を流す。

泥団子作ったら手が最悪になることに俺は涙を流す。

透き通った羽に俺は涙を流す。

夢咲きAfter schoolに俺は涙を流す。

稲妻よりも素早く俺は涙を流す。

 

 

本当にクラスで一番セクシーだったのはあの娘だった、私はあの娘よりも美しい音を立ててシャーペンで紙に字を書く人を知らなかったから。

 

 

 

 

 

中学生の頃、挿絵でたまにパンツが見られるって理由でとある魔術の禁書目録を読破しますた。

 

 

 

 

 

Doki♡×2 胸♡キュン ラブモ〜ド♡

大学やめて更に昼夜逆転に拍車がかかり、毎日am7:00くらいに眠りにつく生活になりました。

 

バイトがない日は10時間以上部屋のロフトベッドで寝転がって過ごしています、昼食と夕食だけ食べて、午前3時を過ぎたら外に出てタバコ吸いながら徘徊、1時間くらい歩いて帰宅。

 

スマホ見ながら呆然としてたら蝉の声が聴こえて、もう!?と思って慌てて扇風機止めて耳をすませたら普通にモーター音の聞き間違いだった、冷蔵庫が氷を作って吐き出した音がタイミング良く響いた。

 

寝た。

 

起きたらバイトの時間だったので身支度をして外に出ると、めちゃくちゃデカいし、しかも青いテントウムシ(ナナホシテントウ)が道を塞いでいた。

 

デカイものはかっこいいし、本来なら赤い所が青いのもかっこいい、めちゃくちゃデカくて青いナナホシテントウよりかっこいいものなんてこの世には存在しないんじゃないか。それはそれとして別なので邪魔なのでよじ登って通らせてもらった。

 

そしたら触れた瞬間にめちゃくちゃ臭いうえに黄色い汁を出しちゃった…………。

 

アッチョンプリケ。

 

手を汚しまくって完成するのが濡れた砂の塊なのがマジで意味わからなかったので子どもの頃から泥団子作りに参加した事がなかった俺だったけど、小学校高学年の頃にパンドラハーツのアニメを見ました。

 

みんなは自分だけの必殺技ってありゅかにゃ……?俺はあるよ……"Doki♡×2 胸♡キュン ラブモ〜ド♡"……縞々ニーソとミニスカの絶対領域でえっちな男の子たちの視線を釘付けにして、その隙をついて魔法陣から引っ張り出した巨大なハンマーで吹っ飛ばしちゃうのだ☆あと普通に毒とかも浴びせる。

 

しょこたんが持ってるのと全く同じの、ピンクのファーがついたヌンチャクを梅田のサイゼリヤに忘れてきてしまいました……。

 

最近朝起きたら胸の中心がなんか痛いので調べたら心筋梗塞とか出てきて怖かったので4、5回泣き喚いてから無かったことにしておきました。びょ〜きになるのは、嫌にゃのら…。

 

 

 

 

 

 

毎日左の手のひらに蜂蜜塗り込んで甘くしてから外出して、暇な時とかぺろぺろ舐めてるんだけどこの前横断歩道で信号待ちしてる時にピンク色のUFO見ました、あとそれとは全く関係なく普通に車にも轢かれた。横断歩道の白いとこだけ踏んで歩くやつを30年間続けたら特別ボーナスで弾が無限になるらしい、何の弾かは知りませんが……。

 

 

 

 

夏 the End

 昆虫です。

 

夏の昆虫

・旅行

・バイト

・徘徊

 

旅行について

バカが運転するバイクのケツに乗り3時間かけて大阪から岐阜へ行きました、就職した高校の同級生/バイト先の同僚 に会うためです。

 

バイクのケツは3時間乗るものではない、死にます。

岐阜では普通にチェーンのラーメンとかサイゼ食って帰りました、川にも行きましたが就職した友達とバイク運転バカは泳いでたけど昆虫は川べりに座ってた。

 

帰りにバカが轢かれたてのタヌキを再度轢いて靴が汚れた。

 

 

f:id:kontyuggg:20180901041619j:image

(岐阜の空と赤すぎる橋)

 

バイト

長期休暇だし…と言うことで普段入らない朝の時間帯にヘルプで働いたりした、給料に少し色がつく。

 

6時出勤9時終わり、駅前の店舗なので普通にめちゃくちゃ忙しくてキツいんですけど、意識が朦朧としてるゆえに終わったら 朝、空、雲、夏……みたいな気持ちになる、勤務中のこと全部記憶から無くなる、昆虫は基本的に昼夜逆転なのでこういうのをたまに挟むと良さそう。

 

あと朝の勤務終わりの時間帯は店舗のマネージャーみたいな人が高確率で様子を見に来るので、髪の毛が緑でしかもクレームが入りまくる身としてはかなり媚びへつらいます。

 

f:id:kontyuggg:20180901042323j:image

(朝)

 

 

徘徊

ずっとしている、昆虫の生活はこれがメイン。

 

夜中になると外に出てかなり歩く、無人の団地(昆虫の地元にはそういうのがある)とか見てウォーになる。

 

たまに咳止めを飲んでうろつく事もあり昆虫の徘徊時間と勤務時間が被ってる新聞配達の人たちは多分昆虫の事を気味悪がって変なあだ名をつけたりしていると思う、昆虫が悪い、ごめんなさい。

 

家ではタバコ吸わないのにこの徘徊の時に吸うだけで1日1箱消費してしまう時などあります、助けてください。

 

昔はなんか理由があったと思うんですが最近は完全に生活の一部になってしまっているのでかなり疲れている時とかも義務のように夜中外に出てウロウロしています、ウロウロしながら団地見てウォーになり適当なベンチに座って曲を書く、この曲を書く時に近くの自販機でミルクティーを買うのですが、昆虫が利用する複数のベンチの近くの自販機のミルクティーがラインナップから外されたりずっと売り切れのままだったりしている、何故?嫌がらせですか?助けてください、集団ストーカーの被害を受けています。

 

あとインターネットの人たちと遊んだ。

インターネットの人たちと遊ぶのは本当に楽しい、ありがとう、インターネットの人たちとインターネット。

 

会ったことのあるインターネットの人へ

 

いつもありがとう、また会ってください

 

会ったことのないインターネットの人へ

 

いつもありがとう、いつか会ってください

 

昆虫

 

 

 

むかない安藤

bonjour、みなさん。昆虫です。

突然ですがむかない安藤を知っていますか?知らなければ知ってください。

 

むかない安藤はあらゆる食品の皮や殻、パッケージなどを剥かずにそのまま食べる様子をyoutubeにアップしている人です。(本当はその限りではないですが説明が面倒なのでその辺は各自調べてください)

 

説明するより動画を見てもらった方が早いので動画を貼ります。

 

・ゴールデンむかない安藤

にんにく

https://m.youtube.com/watch?v=vGwRP_SW4O4

10秒動画として始まったむかない安藤ですが、2016年のゴールデンウィークから特別編として1分ほどあるバージョン、ゴールデンむかない安藤がスタートします、何故こちらから紹介するかというとこちらの方が面白いからです。

 

という事で、こちらのゴールデンむかない安藤記念すべき第一回目の「にんにく」、素晴らしいですね。

 

素晴らしいポイント

・顔がいい

・「刺激がすごい」のワンフレーズのみで押し切ろうとする姿勢

・にんにくの匂いがすごいということを、「にんにくをたくさん入れたラーメンを食べた後のような匂い」で例える、斬新過ぎる比喩。(というか比喩ではない)

・「宇宙レベルのにんにく臭」という全く芯を食ってない表現

 

一作目にしてむかない安藤の魅力がギュッと詰まっているかなりいい動画です。人柄の良さがバシバシ伝わってくるのもかなりいいポイントですね。

 

たけのこ

https://youtu.be/VeQbAibYOQE

 

たけのこを見て「春!」と叫ぶ安藤、もう既にかなりいいですね。

たけのこにかじりつき大いにえづきながらも、しきりに「すごい」を連呼し、決して不味いとは言わない、例外はありますが、安藤は基本的に何を食べても(それが明らかに生食に耐えられる味ではないものでも)ネガティヴな事を言わないのです、素晴らしいですね。youtuberにありがちなオーバーリアクションが少ないのもいいです。顔のいい男が食品の皮を剥かずに淡々と食べている様子は最高なので。

たけのこを食った感想が「木」「ヤシの木」、同じものを総称と品種で2回例えるなよ。その後アクで口が痺れた事を受けての「合法だね」というコメント、何が?

 

バナップル

https://youtu.be/XjWL70CLCfU

 

わからないものを食うな。

 

バナップルという謎の食品(アップル風味のバナナらしいです)(何?)に産毛が生えている事で大興奮する安藤、「ぬいぐるみみたい」という相変わらずピンと来ない表現。顔のいい男が笑みを浮かべてバナップル(だからなんなんだよ)に頬ずりする映像は脳に染み込む良さがあります。

そして皮ごとでも割と美味いことが判明するバナップル、動画後半では普通に食べてます、気に入っちゃってるじゃん。

ラストでは皮だけ食べて笑みを浮かべながら感嘆の声をあげています、美味いのかよ。

 

アロエ

https://youtu.be/CmY_lUi0a2k

 

アロエです、アロエを伊勢海老に例える人は有史以来安藤しか存在してないのではないでしょうか。トゲがあって硬いからじゃあないんだよ。

そして明らかに不味そうな顔をしながらの「変わった食べ物だなぁ」という優しい表現、安藤の人の良さが伺える素晴らしい動画です。

 

はまぐり

https://youtu.be/5vuuRAB1j7c

いやどう考えてもはまぐりは無理だろ、無理だって。

 

はまぐりの重量感に対して相変わらずピンと来ない表現、「辞書」、かなりいいですね。

「家を噛んでいるみたい」というコメントも聞けます。家を噛んでいるみたい…?

撮影者からの「北風と太陽みたいに、上手い方法ないですかね?」という提案を完全に無視して噛み続け、最終的に割って食うことに成功します、パワー。ガッツポーズが素敵ですね。

殻をボリボリ噛んで「ガラスの破片みたい」とひとこと。安藤のよくわからない表現の多さと剥かずに食ったことの達成感、むかない安藤の中でも随一の満足が得られる動画だと思われます。

 

アーティーチョーク

https://youtu.be/Hp4VjzkJN7A

 

そしてゴールデンむかない安藤史上最新にして最高傑作(ブログ執筆当時)、アーティーチョークです。

あのむかない安藤をもってしてとっかかりが無いと言わしめるアーティーチョークの禍々しいフォルム、しかし臆せず食べる安藤、食べ進めていくとテントウムシが出てきます。アーティーチョーク生でかじってたらテントウムシ出てくるの意味不明すぎる。

そしてテントウムシが出てきた事に対してあまりにも冷静すぎる安藤、助けたら火の鳥みたいに恩返ししてくれるのでは?じゃないよ。

 

むかない安藤のいいところ、総括。

・顔

・声

・表現

・言葉づかい(例:これは〇〇だねぇ…)

 

個人的なむかない安藤の比喩傑作選

〜食べ物を食べ物で例えるなよ編〜

・ういろうを食べて「やっぱり美味しいね!餅みたい!」

・調理用バナナを食べて「芋だ!芋!芋!」

・しょうがを食べて「フリスク4、5箱食ったみたい」

・台湾産茹でアヒル卵のしょっぱさを称して「つけもの」

・ドラゴンフルーツを食べて「アロエの味がするぞ」

 

むかない安藤の好きな言動

・無言でキャラメルを剥かずに2個食べ、「今までで一番テンションが下がる」「体を壊したくない」(今更?)

・ガムを剥かずに食べ、「理屈はわかる」、その後紙をあまり感じない(そのまま食べてしまいそう)な事に不安を覚え、小声で「死ぬ…?」

・紙を巻いたままのパンを食べ、「紙はね、邪魔」「剥くと美味いんだろうな〜」「うんめえ、剥くとうめえ」(やめちまえ)

アンデスメロンを皮ごとかじり「食べ応えがある!」

・わさびを食べ、「(鼻に)直通だね!」それを受けて撮影者がミンティアみたいな感じですかね、と聞くと「ちがう、わさびだね」(他人の例えには厳しいのかよ)

 

 

そんなわけでむかない安藤の魅力、伝わりましたでしょうか、皆さんも是非、温和な安藤さんが淡々とむかずに食品を食べるところを見て癒されてみてくださいね。

 

 

f:id:kontyuggg:20170824060131p:image

晩白柚にかじりつく安藤。

 

 

 

 

おわり